トレチノインとハイドロキノンの併用で肌再生と美白を同時に実現!

美肌のために自宅でできる事は沢山有ります。その中でも効果が高く、毎日続けていけば美肌を得られる方法の一つにハイドロキノンとトレチノインを併用するという方法が挙げられます。

美肌の定義でもある、透明感がありシミの無い肌にするには、まず紫外線対策から始めるのが重要です。シミが出来るメカニズムとして、太陽から出ている紫外線は有害でその紫外線を浴びることでお肌のメラノサイトが刺激されてメラニン色素が分泌されます。通常28日の周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。これをターンオーバーと言います。

しかし年齢とともにそのターンオーバーの機能が低下し、タイミングがずれて遅くなってしまいます。正常にターンオーバーが行われないと、角質は厚くなり化粧水も浸透しづらいですしコラーゲンの減少も手伝って、乾燥したりバリア機能の低下も起こります。

バリア機能が低下すれば、シミはさらにできやすい状態になります。ちなみに美白ケアを行う方の中には、美白化粧品を愛用されている方も多いです。ハトムギエキスやビタミンC誘導体、さらにアルブチンと言った有効成分の入っている美白化粧品は、メラニン色素の生成を抑える効果があるため、シミの予防が出来ます。

しかしバリア機能を失ったり、ターンオーバーの乱れによってどうしてもシミは加齢とともに増えてきてしまうのです。一度出来てしまったシミは、美白化粧品の効果では消したり薄くするのは困難です。そこでおすすめなのがケミカルピーリングです。

ケミカルピーリングとは、医薬品を使って新しい皮膚に生まれ変わらせる事が出来る物ですが、アイドロキノンとトレチノインを使用した方法が用いられる事が多いです。まずトレチノインには酸で角質などを溶かして強制的にターンオーバーを行う事ができます。

続いてハイドロキノンですが、この薬は漂白作用がありますので、使い続けていくとシミを薄くしたりほとんど分からないぐらい除去することも可能です。ハイドロキノンの漂白作用だけでも効果が出る事も有りますが、皮膚が厚くなった状態ですと効果は薄れてしまいます。

そこでトレチノインと併用することで相乗効果が生まれるのです。ターンオーバーが行われた正常な肌にハイドロキノンを使う方が、漂白作用も強くなるからです。トレチノインにはターンオーバーを促すだけではなく、コラーゲンの生成にも効果が期待出来るのでハリのある弾力肌になったという声も多く寄せられています。

太陽の光に含まれる紫外線は、お肌の老化現象を引き起こすものでもありますし、紫外線対策で帽子や日傘を使うこと、さらに日焼け止めの使用も必須です。しかしこれらはあくまでも予防方法で、一度できてしまったシミを治すためには、医薬品でもあるこの2つの薬が有効です。

トレチノインで肌再生、ハイドロキノンの漂白作用で美白ということで併用すれば二つの効果が一度に得られます。