消したいシミとその対策方法

年齢を重ねると、身体だけではなく肌にも様々な老化現象が起きます。たとえばシワやシミ、たるみや毛穴の開きなどがあげられますが、これらのほとんどはお肌が乾燥してしまうことで引き起こされると言われています。

お肌の乾燥は、30代後半からコラーゲンの生成が減少する影響も関係します。コラーゲンは肌細胞同士をつなぎとめる役割が有りますが、これが減る事でお肌のキメが荒れて保水力も低下しますし、30代を超えたら若い時と同じスキンケアをしてても追いつかないのです。

乾燥すればシワが出来るのはもちろん、バリア機能が低下しますので紫外線からのダメージも大きくなります。紫外線を浴びると体内では防御作用としてメラニン色素が分泌されます。通常ターンオーバーという肌サイクルがおこなわれていれば、28日ほどの周期で古い角質が剥がれ落ちて新しい皮膚に生まれ変わると同時に、メラニン色素も排出されていきますが、そのターンオーバーの機能が乱れれば蓄積されてしまいます。

加齢やストレスなど様々な影響でターンオーバーの機能が低下してくると、シミはどんどんできてしまいますし、予防方法として日焼け止めを使い紫外線カットをしたり、美白化粧品で対応することもできます。アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体と言った成分が配合されている美白化粧品は、メラニン色素の生成を抑制する効果があるので、予防の観点からは効果があります。然しできてしまったシミに対してはあまり効果が期待出来ません。

では一度出来てしまったシミはどう対応したら良いかというと、治し方がありますのでそれを知って対応していく事をお勧めします。即効性と効果の大きさでオススメの治し方には、レーザーが第一に挙げられます。

レーザーは脱毛分野でも活躍していますし、其の他の医療行為でもしばしば使われています。後遺症は大丈夫なのか、痛いのではないかと心配される方もいるかと思いますが、それぞれのシミに適したレーザー治療を選択すれば、後遺症になることもありません。痛いと感じる事はあっても、一時的ですし場合によっては麻酔などの対策を行っているクリニックもありますので、まずはカウンセリングから始めてみましょう。

費用は使用するレーザーの種類によっても異なりますし、自由診療で各クリニックで設定されている料金にばらつきがありますので、費用の相場は事前に調べておいた上で受診することが大事です。一般的にシミ治療で使われるQスイッチルビーレーザーは、1センチ四方で1~2万、炭酸レーザーの場合は3~4000円、それ以外のレーザーの場合には最新マシンですともう少し高くなる事も有ります。

1度でシミを消す事が出来るレーザーもありますし、肝斑という特殊なシミに対応できるマシンもありますので、症状に合わせてマシンの選択をしていく事になります。経験豊富な医師がいるクリニックでしたら、その判断も的確なので安心です。